猫ノ目わたるブログ

写真と散歩と猫が好き。日々の写真をもとに情報を発信するブログです。

猫の病気

猫の糖尿病治療と費用の記録8

糖尿病に罹った猫の治療と費用の記録を書いています。今のところ健康状態は良好です。アルブミン検査による血糖値も安定してきており、インスリン注射をやめてみることになりました。糖尿病は、猫によって治療過程や回復度合い、費用などは変わると思います…

猫の糖尿病治療と費用の記録7

糖尿病に罹った猫の治療と費用の記録を書いています。症状は改善してきていて、インスリン注射の回数もだいぶ減ってきました。猫によって治療過程や回復度合い、費用などは変わると思います。参考までに。

猫の糖尿病治療と費用の記録6

糖尿病になった飼い猫の治療過程と費用を書いています。 糖尿病の治療もすすみ、今のところ容態は安定。元気に生活しています。血糖値も健康な猫と変わりなく、糖化アルブミンの検査から「インスリンからの離脱」を目標となりました。

猫の糖尿病治療と費用の記録5と「肛門線が破裂」したときの治療と費用の記録3

猫の糖尿病治療と費用の記録5と「肛門線が破裂」したときの治療と費用の記録3です。今回は一緒の記事にしました。糖尿病、肛門線の治療は順調です。規則正しい生活を猫、飼い主ともに送り、再発、悪化しないように気をつけて生活をしています。

猫の糖尿病治療と費用の記録4

猫の糖尿病治療と費用の記録4。飼い猫が糖尿病になりました。糖尿病での通院は11回目になります。この記事は、自分の為の記録と猫を飼われている方に少しでも参考になるように診察内容、費用を書いています。

飼い猫の「肛門線が破裂」したときの治療と費用の記録2

飼い猫の「肛門線が破裂」したときの治療と費用の記録第2回です。肛門線が破裂(軽症)とは、肛門の左右に一対ある肛門嚢(線)の中が、何らかの原因によって炎症を起こし、皮膚に穴が開き、中の膿が出てきてしまう状態です。病院で膿を出し洗浄、消毒や抗生…

飼い猫の「肛門線が破裂」したときの治療と費用の記録1

飼い猫の肛門線が破裂(軽症)しました。肛門の左右に一対ある肛門嚢(線)の中が、何らかの原因によって炎症を起こし、破裂します。肛門線の破裂は、肛門近くの皮膚に穴が開き、肛門嚢(線)の中の膿が出てきてしまう状態です。今回はうちの猫の診療内容と…

猫の糖尿病治療と費用の記録3

飼い猫が糖尿病になりました。その猫の糖尿病の治療と費用を書いています。猫が糖尿病になった方や、猫の病気が不安な方に参考にしていただければと思っています。

猫の糖尿病治療と費用の記録2

飼い猫が糖尿病になりました。その猫の糖尿病の治療と費用を書いています。猫が糖尿病になった方や、猫の病気が不安な方に参考にしていただければと思っています。

猫の糖尿病治療と費用の記録1

飼い猫が糖尿病と診断されました。治療と医療費の記録です。

うちの飼い猫が糖尿病になりました。

うちの飼い猫が糖尿病になってしまいました。 おかしいと感じたときの猫の症状、糖尿病と診断されたときに獣医さんに伺ったこと、調べてみたことを書いてみました。