猫ノ目わたるブログ

写真と散歩と猫が好き。兼業主夫の情報発信ブログです。

山食パン、角食パン、いったい何が違うの?

山型の山食パン、四角い角食パン。

同じ食パンなのに何が違うの?

山型の食パンとおなじような形なのに、「パン・ド・ミ」だったり。

今回はそんな角食パン、山食パン、パン・ド・ミの違いについて調べてみました。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/snowvalley/20210227/20210227132429.png

 

山食パン、角食パンの読み方。

 食パンの形は大きくわけて2つあります。

あたまの部分に膨らみがある山型食パン。これを山食パン「やましょくパン」と呼びます。

 正方形にちかい四角の食パンは角食パン「かくしょくパン」です。

 また「パン」の部分を省いて「やましょく」「かくしょく」と呼ぶこともあります。

 それぞれの読み方はパン業界ではふつうに使われているそうです。

 

なぜ形が違うの?

 形の違う理由は、パンを焼くときに使う型にあります。蓋のない四角い型で焼くと、上の部分が膨れ上がり山型の山食パンになり、蓋のある型で焼くと正方形の四角い角食パンになります。

 

どんな背景があるの?

 18世紀ごろのイギリスで作られるようになったホワイトブレッドが日本の食パンの原型だと言われています。別名でイギリスパンとも呼ばれていますね。

 その後、イギリスパンである「山型食パン」がアメリカに伝わり、四角い「角型食パン」になったそうです。

 

それぞれの違いや、一番気になる美味しさの違いはあるの?

 

山型食パン(角食)

f:id:snowvalley:20210227141623j:plain
 イギリスのホワイトブレッドは小麦粉を使った白い生地が特徴でイギリスパンと呼ばれました。これが日本の食パンの原点と言われています。

 ティン(tinはブリキのこと)と呼ばれる焼型を使うのでティンブレッドとも言われています。四角い型に蓋のない状態で焼き上げるので、生地が上に伸び、気泡は大きくやわらかになり自然に山型に膨らみます。

 山型食パンは、シンプルな材料の配合で作ります。そのため、塩味を感じさせ、小麦の風味を味わう食パンといえます。

 トーストして食べる山食パンは薄切りと厚切りで食感に変化がつけられます。

 薄切りでは大きな気泡が熱をよく伝えるためカリカリっとした歯触りを作り、厚く切った山食パンは外側のサクッと感と中身のもっちり感の両方を味わうことができます。

 その日の気分で切り方をかえ、味を楽しむことができますね。

 

角型食パン(角食)

f:id:snowvalley:20210227141604j:plain
 角食パンは材料も多く贅沢な味わいです。砂糖やバター、牛乳、生クリームなどのリッチな材料を使い、甘い匂いが漂います。

 四角い蓋のある型で焼くので、水分を逃さずしっとりとした密度の高い生地になります。また気泡も小さく舌触りの滑らかな食感を楽しめます。

 角食パンは、焼かずに食べてもほんのり甘く、もちもち感が特徴といえるでしょう。

 プルマンブレッドとも呼ばれている角食パンはアメリカ発祥。プルマン社の製造した鉄道車両に似ていることからこう言われているのだとか。この鉄道の食堂車のオーブンは小さく、提供するためのパンを焼くときに焼型に蓋をする必要がありました。そうした制限から生まれた正方形の四角いパンはプルマンブレッドと呼ばれ広まったのでしょう。

 

パン・ド・ミ(Pain de mie)のこと。

 「あれ、山食パンでPain de mieって書いてあるなぁ」と不思議に思ったことがありました。

 パン・ド・ミ(pain de mie)はフランス語で「中身のパン」つまり中身を味わうパンという意味です。

 イギリスパンであるホワイトブレットが、パン・ド・ミの起源ではないかと考えられています。ですが、とくに決まった定義はなく食パンの型を使って焼き上げるパン、といったところでしょうか。

 フランスパンに特有のパリッとした表皮を持ちつつ、中がフワッとやわかくなっていて味はシンプル。お店によっては普通の山型食パンを「パン・ド・ミ」と呼んでいるところもあるのでポップを読むか、店員さんにどのような味なのか聞くといいでしょう。

 他にも角食パンと同じ正方形や丸いラウンド型などもみたことがあります。

 

実はいろいろあります。

 今回は、一般的な山食パン、角食パン、そしてパン・ド・ミについて調べてみました。

 ただし、今ではリッチな山食、シンプルな角色パンもあります。パン屋さんがそれぞれの考えで食パンを作ってくれているので個性ある食パンがたくさん存在していますね。これからもバリエーション豊かな食パンを食べ比べていきたいと思います。