猫ノ目わたるブログ

写真と散歩と猫が好き。兼業主夫の情報発信ブログです。

記憶の写真 イギリス vol.1

もう何年も前の写真。

ハードディスクを整理していて、うっかり見つけてしまった。

PENTAX67とネガフィルムを持ってイギリスに行ったときのもの。

その時のネガはもう無い。

ハードディスクで見つけたものも全てではないけれど、ブログにのせて見ようと思います。

目次

 

PENTAX67を持って歩いた。

f:id:snowvalley:20210404215230j:plain



イギリスではたくさん歩いた。

あの頃はまだ若かったから、カメラの重さなんてなんとも思わなかった。

PENTAX67は中判サイズのカメラで、標準のレンズをつけると2kgちょっとある!

気になる人はググって欲しい。

知っている人は、わかってくれると思う。

そのPENTAX67を首にかけて、カメラバックにレンズとフィルム。

今の自分からはちょっと想像できない。

タフだったなぁ。

  

イギリスの優しい緑

f:id:snowvalley:20210404215351j:plain

 

曇った日が多いからだろうか。

イギリスの緑は優しい感じがする。

草木の葉などの植物と同様に、車の色にも影響しているのかもしれない。

最近のモデルは違うと思うけど、クラシックのミニやジャガーレンジローバーなど、イギリス車はどれも緑色が似合ってたと思う。

 

身振り手振り

f:id:snowvalley:20210404215410j:plain

 

僕は英語がほとんどしゃべれない。

今ももちろんしゃべれないけど、イギリスのときは本当にひどかった。

切符を買うのも大変で、窓口でやりとりをしている僕の後ろには列ができていたし、駅名を連呼しながら身振り手振りで伝えようとしても、窓口の人にはしまいにキレられた。

そんなドタバタ旅は楽しかったけれど、たくさんの人に迷惑をかけた。

日本に戻ったあと、英会話の教室に通って旅に必要な最低限の言葉は覚えたけど、楽しく会話するなんてとても無理な話です。

 

海辺のリゾート地、ブライトン

f:id:snowvalley:20210404215426j:plain

 

たしか、電車で乗り継ぎなしの終着駅だったと思います。

イギリスの海辺にあるリゾート地、ブライトン。

ブライトンのビーチは砂ではなく小石の浜だ。裸足で歩くと痛い。ためらいがちに歩く僕の横を、裸足の子供が走っていく。

つられて走りはしなかったけど、やっぱり裸足で歩くと気持ちよかった。

(でもやっぱり、そのあとサンダルをはいた記憶がある。)

 

f:id:snowvalley:20210404215440j:plain

 

BRIGHTON PIERという遊園地があった。

海辺のリゾート地に馴染んでいて、レトロで懐かしく、なんだかオシャレに見えた。

家族連れがのんびり楽しんでいたり、老夫婦が手をつないでいたり。

騒がしいゲームコーナーもあったけど、いいところでした。

 

f:id:snowvalley:20210404215452j:plain

 

爽やかな風が吹いていて、薄っすらと漂う海の香りが印象深い、遊園地のあるリゾート地。

遊園地をみて、浜を散歩したくらいで日帰りしてしまったけど、もっと長く滞在してもよかったと思う。

のんびりと過ごしたくなる時間が流れていました。

 

記憶の写真 イギリス vol.2 へ続きます。

snowvalley.hatenablog.jp